no-image

PLUEST(プルエスト)の効果的な使い方とは?

プルエスト 使い方

毛穴の汚れをしっかり落としながら保湿もできて、肌のバリア機能も高めてくれるというプルエスト。

乾燥肌で悩んでいる方が洗顔して潤いが蘇った、という事でも注目されています。

今回はプルエストの効果をもっと高める洗顔法をご紹介していきます!

20%OFFプルエスト公式サイト

基本的なプルエストの使い方

先に効果的な使い方が知りたい!という方は、次の見出しまで読み飛ばしてしまってくださいね!

こちらでは、プルエストの基本的な使い方をご紹介します。

①顔を濡らす

水またはお湯で顔全体を濡らします。

濡らしてから使うことにより、ジェリーはさらに柔らかくなるので、擦れることな区保湿成分も美容成分も浸透しやすくなります。

②泡立てずに肌に乗せる

500円玉程度(約2g)を手に取って、泡立てないようにそっと肌に乗せます。

PLUEST(プルエスト)の泡は洗浄力が強いので、泡立てると乾燥肌には刺激が強過ぎることがあります。

③顔全体をマッサージ

両手の指の腹を使って、マンナンジェリーの粒を転がすように優しくマッサージをします。

顔全体に保湿成分と美容成分が満遍なく浸透するよう、ジェリーを優しく広げてください。毛穴の汚れをジェリーが吸収します。

④粒が無くなるまですすぐ

水またはお湯で顔の隅々まで丁寧にすすいでください。指先にマンナンジェリーの粒の感触が無くなれば、すすぎ完了です。

ここまで通常紹介されている使い方です。

これでもマンナンジェリーの効果でお肌の汚れは充分取れますね。

でもちょっと工夫することで、さらに効果を高める方法があるんです。

プルエストの効果を引き出す5つのポイント!

 プルエストの効果をさらに高めるには、5つのポイントがあります。

汚れをしっかり落とす方法

 

毛穴汚れを落とすには、蒸気で毛穴が開くというのが大事なところ。

毛穴が開くと汚れをより落としやすくなるからです。

汚れがしっかり落ちた肌にだと化粧水もなじみやすいですしね。

毛穴を開くコツ
洗顔前に蒸しタオルで肌を温める
・お風呂に入りながら洗顔する

美容成分をしっかり浸透させる方法

 

洗顔する時に、泡が少し立つくらいまで肌をマッサージしましょう

プルエストはジェルタイプの洗顔料で、そこまで泡立つわけではありません。

ですがジェルを顔に伸ばしてマッサージすると次第に泡が出てきます。

この泡が出てくる前に流してしまうと汚れも落ちないし、何より美容成分が肌の奥深くまで届いていかないんです。

 

成分を浸透させるコツ
・泡が立つまでマッサージしながら洗顔する

肌への負担を小さくする方法

やってしまいがちなのが少量のジェルで、直に指で肌を擦ってしまう洗顔。

ジェルで擦するのならいいのですが指での摩擦はお肌への負担がかなり大きいのです。

ジェルに含有されているマンナンジェリーは抵抗の小さい成分なので、擦ってもお肌に負担はかかりません。

ですので力はあまり入れず、やさしくジェルと汚れをなじませるように洗いましょう。

肌への負担を減らすコツ
・もったいぶらずたっぷりジェルを使う

お肌のバリア機能をアップする方法

他のスキンケア商品にも言えることですが、プルエストは1度使ったから劇的に肌質が変わる、という物ではありません。

毎日の洗顔で使い続けていくことで徐々に変わっていきます。

継続することでお肌のバリア機能が整い、潤いのある美しい素肌に近づいていくでしょう。

肌バリアを高めるために
・継続して使う!

こんな事にも気をつけて使ってみましょう

雑菌などが手に付いた状態で肌に触れると、ニキビの原因にも。

洗顔前はまず手を洗ってからにしましょう。

また、潤いがある洗顔料といっても、洗顔後のお肌は毛穴も開いて水分が蒸発しやすい状態。

プルエストの潤いに安心せず、洗顔したあとは化粧水や保湿クリームでのスキンケアをすることでさらに効果が高まります。

さらに効果を高めるために

・手を清潔にして洗う
・洗顔後のスキンケアも怠らない

プルエストの効果的な使い方まとめ

プルエストは高い効果をもった洗顔料ですが、使い方によって効果を実感できたり、あるいは本来の効果を感じられなかったりもします。

ご紹介したポイントはより効果を引き出すための方法ですので、プルエストのマンナンパワーをさらに体感して下さい!

>>【今だけ20%OFF】プルエスト(PLUEST)公式サイトはコチラ